言葉の起源 | アダルトグッズについて紹介します
They are wearing pink underwears

言葉の起源

2人の小説家がいなければこれらの言葉は誕生しなかった

アダルト動画のジャンルの中でも特に変わったジャンルとして有名なのがSMジャンルの作品です。(サディスト)の人はいじめることにより性的興奮を覚えて、M(マゾヒズム)の人はいじめられることによって性的な興奮を覚えます。

これらの性癖として現在は私達にもよく知られるようになったSMですが、その言葉のもととなった2人の小説家が存在しており、彼らのおかげで現在のように簡単に言い表すことができるようになっています。

サド

S(サディスト)の言葉の元となったのが、小説家であるサドです。彼は自分の自慰行為(オナニー)を家庭教師に見つかり、厳しい罰を与えられたことがきっかけで彼の性癖が目覚めたと言われています。
彼の作品には強姦、拷問、手足切断などのハードな作品が多く、この作品内容から彼がS(サディスト)の言葉の元になるきっかけとなりました。彼は当時は重罪であったアナルセックスをしたことによって人生の3分の1を監獄で過ごしたという特殊な経歴を持つ人物です。

マゾッホ

サドとは真逆のM(マゾヒズム)の言葉の元となったのがこのマゾッホという小説家です。マゾッホはサドのように作品内容ではなく、その私生活から彼の性癖を理解することができます。
彼は結婚した女性に自分の作品の女主人公の名前を名乗らせ、小説の内容と同じように自分の奥さんに強姦をむりやりやらせていました。

彼らの特殊な性癖から後に精神学者であるフロイトによって現在のようなS(サディスト)やM(マゾヒズム)という言葉が使われるようになりました。